下関水族館[海響館](山口県下関にあるイルカショーのある水族館)

下関水族館[海響館]、イルカショーなど




イルカのショー
下関水族館、海響館のイルカショー

下関水族館[海響館]のオフィシャルサイト

全国の各都道府県のホテル、ペンション、旅館(温泉)の宿を直接ご予約いただけます。
都道府県をクリックすることでピンポイントで目的地付近近くのホテル、旅館、ペンションを格安でお探し頂けます。

ホテル、ペンション、旅館などの宿泊施設の予約

北海道
東北地方
関東地方
信越地方
北陸地方
東海地方
近畿地方
中国地方
四国地方
九州地方
沖縄
北海道
青森
秋田 岩手
山形 宮城
石川 富山 新潟 福島
長崎 佐賀 福岡 山口 島根 鳥取 兵庫 京都 滋賀 福井 長野 群馬 栃木 茨城
熊本 大分 広島 岡山 大阪 奈良 岐阜 山梨 埼玉 千葉
鹿児島 宮崎 和歌山 三重 愛知 静岡 神奈川 東京
愛媛 香川
沖縄 高知 徳島
  下関水族館[海響館]までのアクセス
  下関水族館[海響館]の地図(グーグルマップ)
  駐車料金 8:00〜20:00 平日:30分100円/最大800円
              土・日・祝日:20分100円/最大800円
     20:00〜8:00 30分100分/最大500円
     390台収容
     下関水族館[海響館]周辺のコインパーンキング、駐車場検索。こちらから検索してみて下さい。
  ミニバンOK キャリア付車は注意
  普通の料金
  下関水族館[海響館]の周辺の宿泊予約
  下関水族館[海響館]周辺の天気予報
 
下関グランドホテル プラザホテル下関 下関マリンホテル 唐戸セントラルホテル

 
   
 ホテル ヴィアイン下関 グリーンホテル下関  

下関水族館[海響館]の評価(主観ですので参考程度に)

山口県の下関市にある水族館が海響館です。門司港レトロで有名な門司港の対岸にあり、関門海峡がすぐ側に見える位置にありわかりやすくアクセスもしやすい立地で車でも行きやすい水族館だと感じました。看板の案内どおりに車で走っていると入る所が急なので、ちょっと行き過ぎやすいですがそこに入れば後は立体駐車場に自然と流れていきます。今回のレポートの日時は土曜日のお昼前ということもありそれほど混雑はしていませんでした。小学生などの遠足などと重なって子供達がたくさんいました。この海響館のいい所はコンパクトで見やすいのと、イルカショーなどのショーがあるところですね。アシカやスナメリなどのいて、バブルリングなどで見ている人を和ませてくれます。海響館の率直な感想はショーがメインで後は館内を少し見て回る程度でしょうか?たくさんのフグがいるのでさすがは下関だと感じました。フグ水族館ですね。食事は館内はないので、すぐ横に隣接しているカモンワーフや唐戸市場、もしくはファミレスなどもあるので困らないですね。子供連れなどにはいい観光スポット、遊び場所でいいと思います。



駐車場 アクセスのよさ 広さ トイレ 食事 全体
周辺にたくさん、安い 海沿いで入りやすい コンパクトながら・・・ 無難にきれい カモンワーフでどうぞ 子供が喜ぶ水族館

下関水族館[海響館]は子供連れでショーを楽しむのがおすすめ


今回のレポートは九州からのアクセスとなり土曜日の朝早くに出発しお昼前に到着するようなルートにしました。

九州からなので、福岡の門司から山口の下関に抜けるにあたり、関門トンネルを選択しました。
いつもは高速で関門海峡を通っていたので今回は海底トンネルですね。

海響館へのアクセス


 
このあたりから都市高速と関門トンネルの案内が出てきます。
関門トンネルの料金はそれほど高くはないですね。結構な交通量でトンネルの手前の料金所ではちょっとした渋滞が出来ていましたので、もしかしたら年末年始、ゴールデンウィークやお盆休み(夏休み)などの連休には渋滞は覚悟かもしれないですね。

 
いよいよ海底トンネルの関門トンネルです。かわいいふぐ?の口に入る感じですね。
作りは結構古くて狭さを感じます。対面通行なので対向車に大型トラックが来るとちょっと怖い感じです。


やっと関門トンネルを抜けて看板の通りに進みます。下関駅方面、海峡メッセ下関などの方面ですね。
ちゃんと一応水族館と出ていますね。

海響館の駐車場


海響館の駐車場
曲がるところはあっという間だったので撮影し損ねましたが、それほどわかりにくくはないのでカモンワーフや唐戸市場のすぐ側だと思っておきましょう。九州からのアクセスだったら、カモンワーフや唐戸市場を超えてすぐ左折といった感じです。

そしたら写真のような立体駐車場があるのでここに入る感じになります。この駐車場が海響館に一番近い駐車場ですね。
こちらが混んでいたらカモンワーフや唐戸市場の方面にも駐車場があるのでそちらを利用してもそれほど遠くはないと思います。


海響館の駐車場というわけではなさそうですが、実質はここが駐車場になります。
みらいパークと書かれていますね。2メートル10センチまでOKなのでハイルーフ車でも大丈夫ですね。でもキャリア付きは厳しいかもですね。




ここから入ります。普通のコインパーキング方式で、チケットを取って後で事前精算機で駐車料金を払います。

海響館の駐車場内
駐車場内の様子です。それほど広くはないので注意しましょう。今回は1階に止められました。


これが事前精算機です。タイムズなどとは違っていますが似たような方式です。

 
歩いて目の前が海響館の入り口です。階段を登ってすぐ入り口になります。
右の写真は何か作っているみたいです。2009年にできるペンギン村らしいです。楽しみですね。


入り口近くに海響館の案内があります。
10時に到着できればスナメリのバブルリングが見られてすぐ10時30分にアクアシアターでイルカショーが続けて見られるので時間の調整に便利ですよ。午前中に海響館を楽しみお昼にカモンワーフ、唐戸市場を散策、お昼からは自由に下関観光もできます。

 
入り口左にチケット売り場があります。入館料は大人が1800円、小中学生が900円、幼児が400円ですね。

 
下関観光で海響館と海峡ゆめタワーなども観光する予定でしたら、セット料金で割り引きになりますのでお得です。
あと、クーポンや割引きなどもあるので便利に利用しましょう。ちなみにJAF割り引きもできるようです。

 
中に入るとすぐにスナメリのバブルリングを見ることができました。それほど長時間ではないので見逃さないように。

海響館のイルカショー



そして、アクアシアターでイルカショーです。


近くに関門海峡が見えますね。いい景色です。


観客席はそれほど広くなくすぐにいっぱいになるので早めに席を確保しましょう。写真のように席ではなく上からも立ち見することができます。

 
アシカがいきなり歩いてきました。ちょっとびっくりです。イルカショーと平行してショーが進みます。

 
楽しいイルカとアシカショーが続きます。特にイルカの動きは早いのでビデオカメラやデジカメ持参の方はシャッターチャンスを逃さないようにしましょう。イルカのハイジャンプはあっという間でした。

イルカショーなどを楽しんで館内に戻ります。

真っ暗な中をエスカレーターで登ります。

 
トンネルです。子供達は大喜びでした。ここで混雑するのでもう少し広く作って欲しかったなと思いました。

 
館内は小型の水槽が所々にあり、ちょこちょこと楽しめるのでこれはこれで楽しいですね。


フグの勉強が出来るモニターです。座ってフグの生態などを勉強することができます。

タッチパネルなので子供にも使える感じですね。


通路があり通ってまた館内に戻る感じです。ちょっと休憩にもいいですね。


くじらが吊るされています。


シロナガスクジラの骨格?何でしょう?


ものすごく大きな骨格です。最大の哺乳類のシロナガスクジラはこんなに大きいと思わせるいい標本ですね。


窓から隣の唐戸市場が見えますね。写真には写っていませんが、左側がカモンワーフです。
どちらも別にレポートしていますのでまたご覧下さい。

 
 
ほんとにいろいろなふぐがいますね。何十種類いるのか見て回るものすべてふぐばっかりで、見たことのあるフグからかわいいフグまでたくさんいて楽しいですね。


このようにフグの案内がいたるところにあります。


まんぼうです。一匹だけ隔離されていました。ゆったりと泳ぐまんぼうは癒されます。


そしてシロナガスクジラの骨格の横を下りていきます。

 
熱帯魚コーナー?ですね。小さな魚がたくさんいます。


天然記念物のカブトガニですね。触れるくらい浅いところにいます。

 
サメコーナーがありました。何かトンネルがありますが・・・。


下からのぞく事が出来ます。大人はちょっと狭いですが、子供にはちょうどいいトンネルです。


サメの模型です。写真を撮れますね。


外に出ました。関門海峡ヘリコプターがあるんですね。料金は・・・見てません。


すぐ隣にも平面の駐車場があります。まだまだ空いているようですね。お昼過ぎでこんな感じなので普段の週末程度でしたらそれほどの混雑もなく空いているような感じです。


ゆっくりできる後援もありますね。こちらの方は誰もいませんでした。


ここからヘリコプターの遊覧飛行ができるみたいですね。きっと高いのであまりお客さんはいないかも・・・。


その横にはジョリーパスタなどのファミレスがありました。カモンワーフなどにもたくさん食べる所があるのですがファミレスがよければこちらでどうぞ。

海響館など周辺の下関観光やモデルコース、おすすめコースなどはお出かけレポートより参考にしてみてください。
今回の旅行日程は

1日目 午前中
下関 海響館(水族館)

お昼
海響館の近くにあるカモンワーフと唐戸市場を散策してカモンワーフで食事

午後
火の山公園展望台

夕方
海峡ゆめタワーの展望台で夕日から日没まで滞在、夜景を見る


下関駅あたりで食事

下関駅近くのホテルで1泊

2日目 午前中
角島大橋から角島散策

再び下関を通り関門トンネルを抜けて門司港レトロへ

お昼
門司港レトロで焼きカレーを食べる

午後
門司港レトロを散策

適当な時間に帰る

こんな感じのコースでした。結構いろいろと見て回れたので今回の旅行はかなり満喫できました。
今回の旅行でお出かけレポートを作成するのは、

海響館、カモンワーフ、唐戸市場、火の山公園、海峡ゆめタワー、下関グリーンホテル、角島(角島大橋)、門司港レトロ
以上のレポートを作成しますのでまたご覧下さい。下のサーチコンビニから入りお出かけレポートよりどうぞ。

下関水族館 海響館 周辺関連レポート

[山口県]下関水族館(海響館)かいきょうかん
[山口県]下関の火の山公園
[山口県]角島(つのしま)、角島大橋
[山口県]下関海峡ゆめタワー
[福岡県]門司港レトロ、海峡プラザ
[山口県]カモンワーフ、唐戸市場
[山口県]下関グリーンホテル
[山口県]下関の火の山公園


その他のお出かけレポート、口コミレポートなどは以下からどうぞ



このホームページはサーチコンビニの一部となっていますので、
上から入ってお出かけレポートよりどうぞ!!
他にもたくさんの絶景スポットや宿泊施設、テーマパークや遊園地、公園などなど
たくさんのレポートが更新中です。



週末、混雑、空いている、穴場の、おすすめスポット、おすすめ観光地、遊べる、安く、激安、格安、週末、平日、3連休、お正月休み、年末年始、ゴールデンウィーク、GW、春休み、夏休み、お盆休み、冬休み、カップルに、家族で、1人で、子供が楽しめる、子供と、車で、バスで、船で、フェリー、飛行機、電車、近い、遠くない、周辺、宿泊、ホテル、旅館、温泉、ペンション、予約、パスポート、チケット、割引き、割り引き、クーポン、キャンペーン、お得、コンビニ、旅行会社、プラン、ツアー、バス、ピストンバス、高速バス、
全国子供と一緒にアウトドア | 子供向け屋内施設| 転職支援サイト新築、中古住宅、マンション結婚式場を探す
斎場、火葬場を探すパソコン教室、パソコンスクールを探す新車、中古車、事故車全国の温泉を探す
水子供養ができるお寺粗大ゴミ業者太陽光発電国内、海外宿泊予約